シラバス参照

講義名
Course name
教育制度論a 
担当教員
Instructor

高橋 寛人

単位数
No of credits
期間・曜日・時限
Term/day/period
前期 月曜日 4時限 本校舎207教室



コース
・専攻名
Faculty
教職課程 教職専門科目 
学習到達
目標
Course
objective
授業の目標は、教育制度の重要事項に関する基本的な理論と知識を習得し、卒業後もこの分野の関連事項を自ら学んでいく力を養うことである。 
講義概要
Course
description
 本授業は、教育に関する社会的、制度的、経営的事項について、実態と構造と理論を学ぶものである。とくに、近年進められている教育改革について、改革を行う理由とその改革の概要を取り上げる。教育改革の社会的・経済的背景等をも踏まえながら、日本の教育改革がどのように行われようとしているのかを説明する。
基本的に講義形式で行なうが、重要な点については学生に質問しながら進める予定である。必要に応じて理解の一助になるような資料やデータ、図などを示しながら説明を行う。時々、現在の教育改革について論争となっている問題について、各自意見を書いてもらう。 
成績評価
方法
Grading
criteria
主に定期試験の成績による。
教育制度の重要事項に関する理解度と、近年の教育改革に関する考察の内容について評価する。(詳細については初回の授業時に説明する。) 
前提科目
Prerequisite
courses
学習上・
履修申請上
の留意点
及び
事前事後
学習
Other
prerequisites
教育制度論の授業は、前期は月曜4限に高橋寛人(人間科学コース専任教員)、後期は月曜5限に三浦智子先生(非常勤講師)が担当する。どちらか時間割上都合のよい方を受講すること。 
教科書・
参考図書等
Textbooks,
materials,
and
supplies
参考書
牛渡淳編著『初めて学ぶ教育行政・制度経営』金港堂、2011年
汐見ほか編著『よくわかる教育原理』ミネルヴァ書房、2011年
小川正人『現代の教育改革と教育行政』放送大学教育振興会、2010年
小川正人『教育改革のゆくえ』ちくま新書、2010年
高橋寛人『危機に立つ教育委員会』クロスカルチャー出版、2013年
伊藤良高ほか編著『教育と法のフロンティア』晃洋書房、2015年 
科目等履
修生受入
の可否
及び人数
Are non
regular
students
able to join?
可 
特別聴講
学生(単位
互換生)
受入の可否
及び人数
Are
visiting
students
able to join?
否 
教員研究室
Instructor's
office
location
前期担当教員高橋寛人:文科系研究棟620室 
教員オフィス
アワー
Instructor's
office
hours
ホーム
ページ
Homepage
備考
及び
アクティブ
ラーニング
について
Remarks
授業計画
(週単位)
Course
schedule
(weekly
plan)
第1週:ガイダンス・イントロダクション
第2週:義務教育制度の成立
第3週:学校教育の制度:戦前の学校制度と戦後改革による学校制度
第4週:国と地方の教育行財政制度:教育行政における市町村・都道府県・国の役割分担
第5週:教育委員会制度①:教育委員会制度の意義と役割
第6週:教育委員会制度②:教育委員会制度の改革
第7週:義務教育制度の改革:1980年代以降における教育改革の動向とその課題
第8週:高等学校改革
第9週:教育費と就学支援
第10週:教科書制度
第11週:学級制度
第12週:教員養成制度
第13週:教員の職務と勤務をめぐる法制度
第14週:学校経営と学校評価
第15週:まとめ

※事情により変更することがある。 


PAGE TOP